投稿者「kawasumi」のアーカイブ

ノートのこと

私には、学生時代からずっと気に入って使っているノートがあります。
ちなみに、SNSの「note」じゃなくて、メモをとる紙のノート・・・のほうです。

それは、「ミケルリウス」というスペインのメーカーのA4サイズのノートで、
名古屋栄の久屋大通り沿いにある東急ハンズで偶然見つけて以来、20年近いお付き合い。

5ミリの方眼ノートなので、メモにもスケッチにも使える優れもので、時々、
〇〇だったり〇〇だったりと他のノートやメモ帳を買ってみたりするですが、
やはりミケルリウスがいいなーと…出戻り落ち着く…。
を繰り返す、長い付き合いの相棒なのです。

特徴は、リングから切り取り線に沿って切り取った時にA4サイズになることと、
パンチの穴があらかじめ空いていること。それから、耳の所に数色の色が付いていること。

ひとつひとつの特徴は「え、それって他の製品でもあるんじゃない?」
ということばかりなのですが、全ての組み合わせでの使い心地が本当に良いのです。

そしてなによりも、その時々で変わる、なんとも可愛らしい表紙に
「所有することの喜び」を感じずにはいられません。

かつては、特に目指して買いに行ったり探し回ったりしなくても
「ちょっとこだわった文具」を置いてる場所に行けば入手出来たのですが、
今ではAmazonですら、目当てのA4サイズの商品を購入できないことも多く 汗

ここ数年は、事務所のノートストックが無くなると銀座の伊東屋まで買いに行っていました。

今年は、春先に銀座界隈で少し時間に余裕があった時に2冊ほど購入し、
直後に購入したiPadとの組み合わせでの使い方を模索していたところです。

話はちょっと変わって、先日、鞄と一緒に名刺入れを捨ててしまうという大失敗をしてしまい、名刺入れを求めて銀座の伊東屋へ。

名刺入れを探すのはもちろんですが、店舗を一通りグルリと探検。

・・・すると。

なんと、大好きな「ミケルリウス」のノートが40%オフで売られているではありませんか??!

不穏な気配を感じ、ノートを2冊ほど手に取りレジへ・・・。

購入時、店員さんに「あの・・・ミケルリウスの取り扱い、やめちゃうんですか?」
とお伺いしたところ、何とも歯切れの悪い返事。

まだ、確定ではないと信じてもう一度くらいは探しに行くと思いますが、
何だか銀座や伊東屋への足が遠のきそうな予感です。

どうか、今の在庫が無くなる頃までに、他に取り扱ってくれてるお店がありますようにと願わずにはいられないのですが、そういえば、他の人はどんなふうにメモを取っているのだろうか?

最近、オンラインでの打合せが多いからか、それとも、私が気にかけていないからなのか、良さげなメモ事情が思い浮かばない・・・のです。

事務所のミケルリウスストック!(使用済み含)

・・・目下の課題は、手元にノートがある間に、自身のメモ環境を完全にペーパーレスに移行するか、他のノートを探すかの方向性の見極めでしょうか シュン。